身近になってきた動画撮影

気軽に動画を撮影することができるとはいえSNSなどにアップして不特定多数の人に見てもらおうと思ったら、それなりの完成度が求められます。 映像のプロのような機材を揃えることはできなくても、限りなくそれに近づけることができるようなツールを探してみました。

動画撮影時の手ブレを抑える方法

まず動画を撮影する時の基本といえることは、できるだけ手ぶれを抑えて安定性のある映像にするということだと思います。 そのために気をつけたいことや、あると便利なツールとはどのようなものでしょうか? 価格帯も視野に入れながら紹介していきますので、参考にしてみてください。

動画撮影後に活躍するアプリとは

撮影後の動画を編集するための無料のアプリが多数あるといいます。 それを使いこなすことができれば、上手に撮れている部分をつなぎあわせて思い通りの動画に仕上げることも可能なのです。 動画編集の初心者やまとまった時間が取れないという場合でも、簡単に動画編集ができるというアプリについて調べてみました。

動画撮影をするときのお役立ちツール

かつて動画撮影と言えばテレビ局や映画の制作会社だけが持つ専門的な機材と技術が必要だというイメージが強かったと思います。
それが少しずつ可愛いわが子などを撮影する手段としてのニーズが高まり、最低限の機能を搭載した家庭用のビデオカメラが登場するようになっていきました。

そして運動会のように学校の行事があるときには、ビデオカメラを手に熱心に撮影している保護者の姿が当たり前となってきた頃、今度は携帯電話が普及してくることになります。
動画撮影も可能であった、いわゆるガラケーの存在によって動画を撮影することがさらに日常的になっては来ましたが、録画された動画のクオリティを比べてみると当時はまだビデオカメラの方に軍配が上がっていたような気がします。

それから時は流れて、ビデオカメラがさらに小型化し手に入れやすい価格になってきたことや、スマートフォンの登場してきたことから動画撮影がさらに身近なものとなり、一般の人たちの間でもよりハイクオリティな動画を制作したいという意識が高まっていったと思われます。
その結果、動画を撮るときに利用したい便利なツールが次々と開発されてきたので、もはや動画撮影はプロだけの特殊な技術では無くなったと言えるでしょう。
現代ではそのようにして撮った様々な動画をSNSにアップしたり、パソコンやテレビなどの大画面に映して皆で鑑賞したりといった楽しみ方が主流になっているようです。

ここでは、いつでも手元に置いてあるスマートフォンを使った動画撮影に焦点を当てて、役に立つツールを見ていきたいと思います。

TOPへ戻る