身近になってきた動画撮影

多機能カメラのようになるアプリ

スマートフォンのカメラ機能が向上してきたとはいえ、やはり一眼レフカメラのようにはいかないというのが現実だと思います。
しかしそれらの機能を補ってくれるような有難い無料のアプリが存在しているといいますから、それを利用しない手はありません。

無料のアプリでありながら、一眼レフカメラと同じようにシャッタースピードや焦点距離、ISOなどが調節できたり様々なフィルターエフェクトを取り揃えているという点がとても魅力的です。

またスマートフォンのカメラに後付けできる広角レンズ・魚眼レンズ・望遠レンズやマクロレンズなどを利用すれば、さらに魅力的な動画が撮れるに違いありません。
こうしたレンズは数百円~数千円で手に入れることができるようですから、挑戦してみるのも面白そうですね。

自撮り棒を活用してみよう!

自撮り棒が活躍するのは、自らを撮影したい時だけではありません。
スマートフォンのカメラをアウトカメラにして自撮り棒に取り付ければ、撮りづらいような狭い場所での動画撮影が可能になります。
この方法を使えば動物の目線などで臨場感あふれる動画を撮ることもできるのです。

そんな時にプラスしたい便利なツールにスマートフォン用のライトやマイクなどが挙げられます。
動物が入り込んだ狭いような場所は薄暗いことが多く、もともとスマートフォンについている光源だけでは鮮明に映し出すことができないことが予想されます。
また、スマートフォンのマイクは通話することを前提にして作られているので、動画を撮った時に拾える音には限界があるというのです。
それらの欠点を補うために、それぞれ3千円ほどのスマートフォン用の外付けライトやマイクを利用するといいでしょう。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c